緊張するタイプには麻酔で胃カメラがお勧めです

胃カメラ体験者に話を聞くと、だんだん胃カメラ恐怖症になってくることがあります。曰く、XX先生の胃カメラは本当に痛かった。胃カメラ飲むくらいなら、病気になったほうがマシ。胃カメラ検査で胃に傷ついて出血した。などなど。話す人の誇張も多少あるでしょうが、愉快な体験ではなかったことに関してはみな一致しています。初めてだと、ついいろいろ体験者に話を聞きたくなりますが、聞いてよかったことより、より胃カメラに対して恐れが増えてしまったことのほうが多いこともしばしばです。胃カメラが上手な先生にかならず当たるとも限らず、先生だって人間だから調・不調があるだろうし…と緊張は募る一方です。でも、胃カメラを痛い体験にしてしまう最大の理由がこの恐怖感からくる緊張なのです。緊張するとノドのあたりから食道まで筋肉が縮こまってしまいます。すると胃カメラの通り道が狭くなるので、余計痛みを感じてしまうのです。そんなネズミの心臓の持ち主には麻酔がお勧めです。眠ってしまえば恐怖感もなく、筋肉が弛緩状態にあるので、胃カメラもするするとはいっていきます。少々お金はかかりますが、お金より恐怖感や痛みのほうが問題という人はぜひこの方法をお勧めします。

初めて胃カメラを受けるときにしっておきたいこと。

今までに、健康診断を受けたことがない方が、健康のために一度受けようと思って受信される時に、胃の検査で待ち構えているのがバリウムを飲むというもの。バリウムは最近では味がつけられてはいるものの美味しいとは言い難い。だから胃カメラの方が楽なのでは、と思って胃カメラを選択する方もいらっしゃると思います。確かにバリウムは飲まなくても良いですが、胃カメラで検査する場合は胃の動きを止める薬剤を飲まなければいけない点、筋肉注射と、のどに管を通す時に痛まないように麻酔をします。注射が嫌な方はここで嫌な思いをするでしょう。最近では口からではなく、花から管を通すケースもあります。ただ、胃カメラは医療機器であり、バリウムのように次々に検査できるものではなく、一度使用すると、感染症などが起きないように徹底した洗浄、殺菌をしなければいけないうえに、機器自体が高価なので、施設に多数常備してあるものでもありません。そのため、検査をする上で予約が必要であったり、検査費用の面でバリウムによる検査に比べると高額になってしまいます。企業にお勤めの方ですと、社員の健康のために健康診断を行っていますが、経費がやはりかけれないという点で胃カメラではなく、バリウムでの検査が主となっています。初めて胃カメラで検査を受ける、という方は、口からなのか、鼻からなのかで辛さが変わります。鼻に管を通すことに抵抗のないからはそちらのほうが管も細く幾分か楽ではないかと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*